京都でのペット火葬は「愛愛送社」へ

家族の一員として大切に育ててきたペットが亡くなってしまうことは非常につらいことです。しかし、最後だからこそ、飼い主は感謝の意を込めてお別れしてあげなければなりません。
そこで、ペットが亡くなってからの流れと、京都でもペット火葬事業を行う弊社のサービス内容についてご紹介します。

1. ペットが亡くなったら

ペットが亡くなったら、葬儀の間まで、ペットを安置しておく必要があります。中には、死後硬直がない動物もいますが、犬や猫などは、亡くなった直後から死後硬直が始まります。そのままにしておくと、足が伸びた状態で硬直してしまい、棺に入らなくなってしまう場合があるので、足をおなかのほうへ折りたたむようにしてあげてください。
そして、亡くなってしばらくたつと、体液が出てきたり、虫がわいてきたりするので、バスタオルなどでくるんであげてください。
また、夏場や長時間放置する場合は、遺体が傷むのを遅らせるために、保冷材やドライアイスで体を冷やしてあげてください。

2.火葬の方法

まず、火葬を依頼する事業者には、行政と民間業者があります。行政に依頼する場合、比較的費用は安く済む場合が多いですが、ペットをゴミとして処分してしまうため、返骨はされず、遺体もゴミといっしょに埋められてしまいます。
したがって、ペットをしっかり供養してあげたいという方は、民間業者を選ぶことをおすすめします。
次に、民間業者の火葬方法として大きく2つに分けられます。
1つ目は、移動火葬です。これは、火葬の設備を整えた車の中で火葬する方法で、ご自宅やその近辺で火葬することができます。京都の民間業者の中には、火葬の会場を持っている業者もありますが、数も少なく、遠くまで火葬しに行かなければならない場合もあります。そういった手間を省きたいという方には移動火葬がおすすめです。
もう1つは、斎場火葬です。これは、火葬場と葬儀場を完備した場所で行う火葬で、きちんとした会場で行うことができます。ご家族ごとに合わせたご供養をすることができ、よりしっかりペットを供養してあげたいという方におすすめです。
このほかにも、ほかのペットと一緒に火葬する合同火葬といった方法もあります。
これらは、それぞれ一長一短であり、どれがいいというものではありません。しかし、京都の多くの民間業者はどれか一つしか行っていない場合も多く、ご家族に合った火葬をできていないことも多いです。
弊社は、上記の火葬方法すべてに対応しており、ご家族に最適の火葬方法をお選びいただけます。どれがいいかわからないという方はぜひ弊社までご連絡ください。

3. 火葬料金

火葬料金は、業者によってさまざまであり、また、火葬方法によっても変わってきます。下記に、弊社と他社A社とB社の料金を一例として記載しております。
出張火葬
【弊社】
1㎏まで 3㎏まで 5㎏まで 10㎏まで 15㎏まで 20㎏まで
一任
出張火葬
12,000円 14,000円 19,000円 22,000円 25,000円 28,000円
個別
出張火葬
15,000円 18,000円 23,000円 26,000円 29,000円 32,000円
【A社】
2㎏未満 2~5㎏ 5~10㎏ 10~15㎏ 15~20㎏ 20~25㎏
一任
出張火葬
17,000円 20,000円 23,000円 28,000円 33,000円 37,000円
個別
出張火葬
19,000円 22,000円 25,000円 30,000円 35,000円 39,000円
斎場火葬
【弊社】
1㎏まで 3㎏まで 5㎏まで 10㎏まで 15㎏まで 20㎏まで
合同火葬 9,000円 12,000円 17,000円 20,000円 23,000円 26,000円
一任
斎場火葬
12,000円 15,000円 20,000円 23,000円 26,000円 29,000円
立会
斎場火葬
15,000円 18,000円 23,000円 26,000円 29,000円 32,000円
【B社】
2㎏未満 2~5㎏ 5~10㎏ 10~15㎏ 15~20㎏ 20~25㎏
合同火葬 14,000円 17,000円 20,000円 25,000円 30,000円 34,000円
一任
斎場火葬
16,000円 19,000円 22,000円 27,000円 32,000円 36,000円
立会
斎場火葬
18,000円 21,000円 24,000円 29,000円 34,000円 38,000円
上記が、弊社と他社の料金です。火葬方法やペットの大きさによって料金も変わってきます。
できるだけ安く済ませたいという方は、合同火葬がおすすめです。ただし、ほかのペットと一緒に火葬するので、立会やご収骨はできないのでご注意ください。
また、ペットをできるだけ丁寧に供養してあげたいという方は、立会斎場火葬がいいでしょう。ご家族ごとの火葬になりますので、立会やご収骨もしていただけます。

4.納骨

火葬後は、一般的に納骨をします。大事なペットとお別れするのは非常につらいことですが、納骨をすることで、魂を仏様のもとへ返してあげることができます。したがって、お気持ちの整理がついた段階で、納骨してあげるといいでしょう。
しかし、いざ納骨をする際、どこで納骨をすることができるのかわからないという方も多いでしょう。そもそも納骨をできるところも限られていて、近くにないという方もいるかもしれません。
そこで、おすすめなのが、火葬業者を選ぶ際に、火葬から納骨までサポートしてくれる業者を選ぶことです。火葬業者の中には、火葬しか行っておらず、納骨のサポートをしていない業者も存在するので、お調べの際にはその点をご確認ください。
弊社では、納骨堂と自社所有の霊園をご用意しておりますので、火葬から納骨まで、ご家族に合った方法で、最後までサポートいたします。

5.まとめ

ペットとの最後の別れだからこそ、しっかり供養してあげたいものです。だからこそ火葬業者を選ぶ際は、後から、ああすればよかったと思うことが無いようにどういったサービスを受けられるのかよく確認してから依頼先を決めるべきです。
ペットが亡くなってから、慌てることのないように、事前に京都のペット火葬業者について調べておくといいでしょう。
弊社では、家族の一員であるペットを丁寧に見送ってあげるために、精いっぱいサポートさせていただきます。大切なペットがお亡くなりになり、京都で火葬業者を探しておられる方は、是非一度弊社にご連絡・ご相談ください。

PAGE TOP

c AI AI SOUSYA