HOME ⟩ ペット火葬 滋賀

ペットが亡くなったらー滋賀の火葬業者「愛愛送社」へ

病気や寿命で亡くなったペットを天国へ送るために、飼い主はきちんと供養してあげる必要があります。
そこで、ペットをきちんと供養するために、ペットが亡くなってからの供養の流れと、滋賀の火葬業者である弊社のご紹介をしていきます。

1. 安置の方法

適切に火葬を行い、供養するとなると、供養の方法の選択や準備に時間がかかるので、それまで遺体をきれいに安置する必要があります。

用意するもの

  • ・ペットシートやビニールシート
  • ・ブラシ
  • ・ガーゼやタオル
  • ・段ボールなどの丈夫な箱
  • ・毛布やバスタオル
  • ・保冷材やドライアイス

【手順】

  • 1 ペットシートやビニールシートを敷き、その上にご遺体を優しく寝かせます。
  • 2 死後硬直が始まる前に、足を折りたたみ目を閉じてあげます。
  • 3 ブラシを使い、毛並みや尻尾を整えます。
  • 4 ガーゼやタオルをお湯で湿らせ、全身を優しく拭きます。
  • 5 口や肛門周辺はガーゼで拭き取り、ガーゼを詰めてあげましょう。
  • 6 段ボールなどの丈夫な箱の中に毛布やバスタオルを敷いて、遺体の棺を作ります。
  • 7 保冷材やドライアイスで、頭部や腹部を冷やしてあげます。
直射日光を避け、風通しがよく、涼しい場所で安置すれば、夏場でも1晩~3晩程度安置できます。

2. 滋賀の火葬業者

滋賀の火葬業者は大きく分けて2種類に分けられます。
1つ目は、火葬場がある会場を持つ業者です。この類の業者は、基本的に、斎場火葬という火葬方法を行います。これは、火葬場と葬儀場を持つ会場で、ご家族ごとに、火葬から葬儀まで行う方法です。
もう1つは、火葬場がある会場を持たない業者です。この類の業者は、基本的に、移動(出張)火葬という火葬方法を行います。これは、火葬の設備を持つ車の中で行う方法です。
斎場火葬は、葬儀から火葬、中には納骨まで行う場合もあり、ご家族ごとにしっかりサポートしてもらえるというのが特徴です。一方、移動火葬は、会場まで行く時間がない方におすすめで、自宅前や自宅周辺で行うことができるのが特徴です。
これらは、ご家族の事情で選んでいただけばいいのですが、多くの業者はどちらか一方しか行っておらず、本当は火葬方法を選んで供養したかったはずなのにそれを知らなかったために、たまたま連絡した業者の方法で火葬を済ませたというご家族もいることでしょう。
そこで、滋賀で火葬業者をお探しで、どちらのタイプの業者がいいか分からないという方には、弊社のような両方の火葬方法に対応している業者にご相談頂くことをおすすめします。お客様のご要望を聞いて、最適の方法をご提案いたします。

3. 納骨の方法

そもそも、ペットの場合、絶対に納骨をしなければいけないというわけではありません。実際、火葬した後の遺骨を自宅に持って帰って、家で保管される方もいます。しかし、そのままでは、ペットの魂はいつまでも現世に留まったままになってしまうので、気持ちの整理がついた段階で納骨してあげましょう。
しかし、いざ納骨をする場合に、どこで行えばいいのか分からないという方も多いと思います。また、近くに納骨ができる場所がないという場合もあるかもしれません。
そこで、おすすめなのが、火葬業者を選ぶときに、自社で納骨堂や霊園を持っている業者を選ぶことです。そういった業者を選んでおけば、わざわざ自分で納骨堂や霊園を探す手間も省け、信頼のおける場所で納骨することができます。
しかし、滋賀では納骨堂や自社霊園を持っている火葬業者はあまり多くありません。その点、弊社は、納骨堂も自社霊園もご用意しておりますので、火葬から納骨までしっかりサポートさせて頂きます。

4. まとめ

ペットが亡くなることは大変悲しいことですが、人間よりも寿命が短いので、いつかは訪れることでしょう。そのときに、慌てて業者を選んでしまい、したかった方法で供養ができないということがないように、事前にペットが亡くなってからしなければならないことを確認し、信頼できる火葬業者を選んでおくといいでしょう。
弊社では、どこよりも充実したサポートができると自負しております。どの火葬業者がいいのか分からない、決められないという方は、充実した火葬方法、納骨方法を選択していただける弊社までご連絡・ご相談ください。
フリーダイヤル お問い合わせ 費用一覧 斎場火葬 訪問火葬 合同火葬

PAGE TOP

c AI AI SOUSYA