ペットロスについて

column

ペットロス症候群を乗り越える

ペットを失うこと(死別、行方不明、盗難など)をきっかけに発生する疾患ないし心身の症状をペットロス症候群といいます。
ペットロスとは、文字通り「ペットを失うこと」です。
また、ペットを失った悲しみや辛い経験、喪失感によって引き起こされる精神的な状態のことも総じてペットロスと呼ばれます。ペットを失った人の多くがペットロスを経験しています。ペットロスは誰にでも起こりうる心の病です。喪失感や悲しみ、罪悪感や後悔といった感情が波のように押し寄せてきて、ペットロス症候群となり、それが重症化してしまうことがあります。

くつろぐ猫

大切なペットを失って、ペットロスになってしまうことは仕方ありません。
しかし、そこから立ち直ることがとても大事です。
ペットロスを深刻化させないために、次のようなことを日ごろから心掛けておくのも有効です。
人もペットも必ず死を迎える日が来る、命には限りがあることを意識します。
「この子もいつか死ぬんだ」ということを理解し、今一緒にいられることを大切に暮らしましょう。
そして、死を理解すると同時に、どういう最期を迎えるのがいいか考えておきます。
例えば病気になった時、怪我をした時、どこまで治療をするのか、最後まで闘うのかなど…。
ペットはしゃべれませんので、飼い主が選択していかなければなりません。その時にならないとわからないことも多いのですが、
あの時もっとこうしておけばよかったという後悔が少しは軽減されるかも知れません。

ペットロスで苦しんでいる方の中には、弔い方で後悔している方も多いのです。
ペットが急に亡くなってしまい、良く調べないままネットで検索した業者に火葬を頼んでしまったり、霊園があるのを知らなくて後悔したり、
ペットは自分で調べられないので、飼い主が「終活」についても考えておくと良いでしょう。
ペットの死に直面し、悲しみでどうしようもなく辛い時には、まず無理をしないで、感情のままに悲しむことがペットロス克服に繋がります。
無理に忘れようとせず、自分を責めたりせず、自分の感情と向き合いましょう。
絶対にペットロスにならないためには、ペットを飼わないことしかないのかも知れません。
けれど、「この子がいる日々」は、かけがえのない幸せな日々なのです。

愛愛送社では様々な種類のペットの火葬・葬儀を承っております

犬、猫、魚類(熱帯魚、観賞魚、金魚、コイなど)、鳥類(インコ、オウム、にわとり、ハト、文鳥、アヒル、キュウカンチョウ、カナリアなど)、
ハリネズミ、ハムスター、モルモット、リス、フェレット、プレーリードッグ、モモンガ、うさぎ、爬虫類(トカゲ、ヘビなど)、
カメ、カエル、ウーパールーパー、子ヤギ、子ブタ、サルなどご相談下さい。

最後のお別れは、愛愛送社にお任せください

大切な家族の最期のお世話を、私たちがお手伝いします

愛愛送社では、大切なペットとのお別れを悲しまれているご家族様に心のこもった時間をお過ごしいただける様、最善を尽くします。
私たちは、ご家族が望まれる・ご納得のいく形でペットを送り出してあげる事が大切だと考えています。
お客様が望まれる最良の形で・後悔のない形でお別れできる様、私たちにお手伝いをさせてください。
「こういったお別れはできるのか」「こんな時どうすればいいの」といったご質問も、お気軽にお問い合わせくださいませ。

365日24時間受付・即対応

愛愛送社ではペットのご葬儀を365日24時間受付けております。
いつでもご連絡くださいませ。

365日24時間受付・即対応

愛愛送社ではペットのご葬儀を365日24時間受付けております。
いつでもご連絡くださいませ。